木嶋佳苗被告の死刑確定へ

 2009年に埼玉県や東京都などで起きた男性3人の連続不審死事件で、殺人罪などに問われた木嶋(現姓・土井)佳苗被告(42)を死刑とした一、二審判決が確定する。最高裁第二小法廷(小貫芳信裁判長)が14日、被告の上告を棄却する判決を言い渡した。4人の裁判官全員一致の意見。

 判決によると、木嶋被告は婚活サイトで知り合った40~80歳代の男性3人と真剣な交際を装い、多額の金を受け取っていた。09年1~8月、交際を巡るうその発覚を逃れるため、3人を睡眠薬などで眠らせて練炭を燃やし、一酸化炭素中毒などで殺害した。
 木嶋被告の殺害行為を裏付ける直接的な証拠は乏しく、被告は公判で、殺人について一貫して無罪を主張した。第二小法廷は、被告が死亡直前に被害者と2人で行動していたことや、被害者に自殺の可能性がなく、死亡現場にあったものと同じ練炭やコンロを購入していたことなどから、「被告が犯人であるとするのが合理的だ」と認めた。
 その上で、「ぜいたくな暮らしをするため、自殺に見せかけて殺害しており、計画的で悪質だ」と批判。「刑事責任は極めて重大で、死刑はやむを得ない」とした。
 被告は逮捕前、自らのブログを「かなえキッチン」と名付け、手料理のレシピなどを紹介していた。拘置中も、知人の助けを受けて別のブログを開き、託した手紙などを掲載。二審判決後に結婚し、現在は養子縁組で土井姓になっている。

出典:朝日新聞

事件概要

 2009年8月6日、埼玉県富士見市の月極駐車場内にあった車内において会社員男性C(当時41歳)の遺体が発見された。死因は練炭による一酸化炭素中毒であったが、自殺にしては不審点が多かったことから、埼玉県警察の捜査が始まった。
 その結果、Cは被疑者の住所不定・無職の女性、木嶋佳苗(当時34歳)と交際していたことがわかり、捜査していくにつれて、木嶋には他にも多数の愛人がおり、その愛人の何人かも不審死を遂げていることが分かった。埼玉県警は木嶋が結婚を装った詐欺をおこなっていたと断定し、9月25日に木嶋を詐欺罪の容疑で逮捕した。また、逮捕時に同居していた千葉県出身の40代男性から450万円を受け取っていた。
 2010年1月までに、木嶋は7度におよぶ詐欺などの容疑で再逮捕されている。警察は詐欺と不審死の関連について慎重に捜査を継続。2月22日に木嶋はAに対する殺人罪で起訴された。窃盗罪や詐欺罪などですでに起訴されており、併せて6度目の起訴となる。10月29日には、東京都青梅市の当時53歳の男性を自殺に見せかけて殺害したとして、警視庁に再逮捕された。ただし、被害者男性の遺体は、当時は「自殺」と断定されて解剖されていない例もあり、死因に関する資料が乏しい中での、極めて異例の殺人罪の立件となった。

出典:wikipedia

関連リンク

関連動画

Twitter上の声

ニュースへの意見

21
こいつが殺したの3人だけじゃないだろう。7人か?.
160
>>21
残りは証拠不十分で立証できんかったんや・・・
61
中年オタクの心をもてあそんだあげく殺害したアイツか!
929
木嶋佳苗
1974年11月27日 父・木嶋正毅、母・淳子(旧姓・若山)の長女として中標津町で出生
佳苗が小学校にあがる頃、祖父の住む別海町に転居した。
佳苗は別海の中央小学校、中央中学校と進み、1990年に、別海高校普通科に入学した。
父親は2005年自動車事故で謎の死を遂げた。
母親は交通事故で片足のひざから下を切断する大怪我を負い義足生活
妹が一人いる。

小学生高学年時に病院から貯金通帳を盗む
高校時代には援助交際疑惑
2003年3月、ネットオークションを使った詐欺容疑で最初の逮捕
被害者は八丈島に住む四十歳の男性
9
 羽田から一日一便の飛行機しか飛ばない中標津空港は、国内唯一の木造ターミナル空港である。
ひなびた空港の周囲には根釧原野を切り開いた大酪農地帯が広がる。
そこから車で二十分ほど南下した別海町は、同じ北海道の足寄町に次いで日本で二番目に面積が広い町である。
総面積は東京二十三区の約二倍あり、人口は一万六千人あまりしかいない。
空港から別海町に向かうまだら雪の沿道で見かけた人影はまったくなかった。
雑木林が点在するなだらかな雪原で動くのは、牛の群れだけだった。
別海町には人口のおよそ七倍に相当する約十一万頭の乳牛が放牧されている。
別海町の名前の由来は、町の中央部を流れて根室湾に注ぐ西別川の河口部分が屈曲しているところからきている。
「ベッ・カイェ」とはアイヌ語で「川が折れ曲がっているところ」を意味している。
別海町の開墾の歴史に詳しい郷土史家によれば、別海地方は北海道で最も遅れて入植者が入ってきた土地だったという。
「不毛地帯というか、誰からも見捨てられた土地だったんです。この地域は雪は少ないが、しばれ(寒気)が厳しく、ろくな作物はとれない。
しばれのせいで、長期間地面が凍るから、作物が育たないんです。
北海道のほかの地域だと、そこそこ雪が積もるから、その分、雪が地面を冷気から守ってくれますが、ここは半年近く地面がカチカチに凍るから、牧草くらいしか育たない。
ここに入植した人は、みんな国にだまされたんです」
根釧原野への入植が最も多かったのは、大正末期から昭和初期にかけてである。
地味の豊かな十勝地方への入植とは違って、割り当てられる土地も広大だった。
不毛地帯というハンディをせめて面積の広さでカバーしたのである。
別海町に住む古老の思い出話をまとめた冊子のなかに、昭和二年に根釧原野への入植者を募った応募要項が載っている。
この古老は昭和三年、六歳のとき別海地区に入植した。

土地は十町ただであげます
移住奨励金三百円、住宅建築費五十円
移住者の汽車賃、荷物共五割引
開墾費の四割を補助します

こんな好条件に誘われて入植したものの、道路はなく、家財道具はすべて人力で運ばなければならなかった。
吹雪の晩には、掘っ立て小屋の隙間から容赦なく雪が吹き込み、朝になると、布団の上にかけた筵が真っ白になった。
22
>>9 の続き

なぜ、このルポを始めるにあたって、こんな過去をほじくり返したかといえば、
この事件の主人公のルーツが、別海町の入植の歴史と密接な関係をもっているからである。
 この事件を大々的に報じた新聞、テレビ、週刊誌で、この土地の歴史について紹介したものはまったくない。
すべてのメディアが、事件をスキャンダラスに報じることに終始した。

怨恨と血のにおいのしない犯罪

かつての不毛地帯から大酪農地帯に生まれかわったこの町に、
東京のメディア関係者が大挙して押し寄せたのは昨年秋のことだった。
この年の九月から十二月にかけ、別海町生まれの当時三十四歳の女が、
詐欺容疑、詐欺未遂容疑などを六回にわたって繰り返し逮捕、再逮捕された。
その事実が明るみに出たのである。
彼女に対する容疑は、まもなく詐欺容疑から殺人容疑に切りかえられ、
マスコミは俄然色めきたった。
木嶋佳苗という彼女の実名と、別海の高校時代の写真まで出して、
六件の不審死事件との関連をほのめかす週刊誌まであった。

■「婚活」サギ女の全人生/■三十四歳女詐欺師“魔性の婚カツ”/
■「魔性の女」が書いたサスペンスドラマと「男性6人死の連鎖」/
■女結婚サギ師連続殺人事件 六人が死んだ!「練炭女」木嶋佳苗

これは当時の週刊誌をにぎわした見出しである。
記事の内容は、彼女の小太りの体型や、お世辞にも美人とはいえない容姿をからかったものがほとんどで、
なかにはストレートに「ブス女」と書いた週刊誌もあった。
それだけでは芸がないと思ったのか、こんな小太り女に
「おひとりさま」の中年、老年男はなぜ溺れるのか、と社会評論風に報じたメディアもあった。
最初に結論めいたことを言ってしまえば、私はこうした見方にそもそも興味がない。
彼女が美人であろうがなかろうが、私にはまったく関係がないことだし、
事件を「婚活」ブームといった流行語の世界で分析するのはもっともらしくて、そもそも私の芸風にあわない。   別海から来た女 佐野 眞一より
66
騙されて死んだ近所のおっさんが経営してた古本屋、ガキの頃よく行ってたぜ
あらためて冥福を祈る
72
このオバさん、何故モテるの??
369
>>72
料理上手
聞き上手
褒め上手
字が上手
文章上手
声も綺麗

容姿と金欲以外パーフェクト
108
みみず千匹の人か
897
一審で「私のセックスの技術は凄い。男を虜にするテクニシャンだ」って言ったらしいからな。。

すげえよ。。早く死ね
116
あれまだ被害者のブログってまだあるのか?
389
>>116自己解決
まだあったのか
→ ブログへ
182
2回も獄中結婚したって

しかも、一人目は体調不良か何かで支援が難しくなった途端離婚して
100日後に他の支援者と獄中再婚
さらに一人目はまた体調戻って支援を続けてるって

なんなのこれ?
184
再婚してるみたいでびっくりだわ
所作とか声で魅力的に見える人もいるんだね
200
まだ無罪です愛してますと気持ち悪い男の群れがこいつを崇めてるんだぜ 救いようがないというかカリスマありすぎ
261



木島香苗ソープ時代
370
>>261
えっ、ソープ嬢だったの?
写真だと綺麗そうに見えるけど実際あの人が
来たらびっくりだね
399
>>261
これ木嶋の写真じゃないよね?! お腹の中央に縦線の入るデブはいないよ、デブは横線だもの。
280
殺された人、ブライダルネットかヤフー縁結びに居た人だよね、今はそのサイトは無いと
思うけど。殺された人から申し込み来たことあるので覚えてる
418
>>280
マッチドットコムだよ
351
なんであんなにモテるのか
ある意味凄い人だ
427
>>351
ルックスや女としてモテたんじゃなくて、被害者には金持ちの弁護士の娘で自分はピアノ教師、留学や料理スタジオ経営のお金を貸してと言ってたんだよ
被害者は最後までこの詐欺師が金持ちのお嬢様と信じてたんだよ
366
傍聴した人によると、この人は声が凄くかわいらしいんだと
声や話し方も立派なモテの条件なんだな
532
最後の方に騙されそうになった人の家の火災報知器、このデブに働かないように細工されてたんだっけか?

とっとと死ね。
533
プラモさん、お金持ちなのに格安の婚活サイトで出会っちゃったみたいだね。
パートナー探しと海外旅行と、口に入れる飲食物だけは節約しちゃいかんと思った。
596
>>533   
ほんと魔が差したとしか思えない。
こいつに洗脳されて、プラモ処分して貢いでたのな。
そのままプラモオタクやってたら良かったのに。
544


エッチだ……w
579
>>544
セーラー服姿
田舎の昭和の女子高生って感じだな
592
>>579
別海高校
あんなド田舎からなんでこんなのが生まれてきたのか…
590
ブログ見たけど内容はスイーツなのに字がうまいせいで凄まじい違和感が…
632
>>590
マジで達筆だな
あんなキレイな字書かれたらちょっと惚れるわ
599
木嶋佳苗自筆手紙(2016.12.26)

618
>>599
なに一人お茶会して楽しんでるんだよ…
649
>>599人を殺しても、反省の色が全くないな
サイコパスなんだろうな
805
久留米看護師連続保険金殺人事件(1998-1999年)の吉田純子は2010年3月18日に死刑確定、2016年3月25日に死刑執行。

木嶋は2023年頃に執行か?
827
>>805
捕まってから平均15年だそうだから、木嶋が50位で執行かね
でも本人が早期の執行を嘆願するようだからもっと早いかも
19
これは再審請求のネタが大量にありそうだが、本人に延命の意思があるかどうかだな。
29
>>19
木嶋佳苗、“早期の死刑執行を求めます” 週刊新潮に寄せた「遺言手記」
→ 週刊新潮
2009年、婚活サイトで知り合った男性3人を自殺に見せかけて殺害したとして、殺人罪などに問われた木嶋佳苗被告(42)。

4月14日午後3時、上告が棄却され、近く死刑が確定する彼女が「週刊新潮」に遺言手記を寄せた。

 ***

〈最高裁判決を前夜に控えた現在の心境をひとこと申し述べるなら、裁判所が真実を認める期待は皆無だから一毫の望みも持っていないということになります〉

 との書き出しで手記は始まる。

「週刊新潮」2017年4月20日号
獄中で結婚・離婚、さらに再婚をしていたことを初めて打ち明けた木嶋被告は、〈配偶者がいるということは人生を豊かで楽しいものにします〉
〈夫婦には不条理な問題を克服できる力があると気付かされた〉と綴り、その経緯について言及。

〈勾留中の女子にとって、警察署の留置場から拘置所に移って感動するのはブラジャーが着けられること〉で、面会のたびに「胸ポチ」チェックを受けるなど、
現在の生活の様子を明かすほか、〈彼女について考えることをやめていた〉という母への思いも綴った。

〈(死刑)確定後に私は法相に対し、早期執行の請願をします――〉

4月13日発売の「週刊新潮」では、木嶋被告の手記を全6ページで全文掲載する。