清原和博がリバウンドするも痩せて老けたように見えるとの声 12/24

 今年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏(49)がスポニチ本紙の取材に応じた。事件後、インタビューに答えるのは初めて。更生の第一歩として入れ墨を「消す」と明言。過酷な留置場生活なども赤裸々に語った。現在、薬物治療中で「二度と手を出さないとは言えない。言い切れるのは自分が死ぬ時」と、生涯を懸けて依存症から立ち直る決意を示した。

 伸びた髪はセットされ、真っ黒だった顔の日焼けも消えている。「このたびは世の中の皆さま、そして少年野球、高校野球、プロ野球、名球会、全ての野球ファンの皆さまのことを大変失望させてしまい、本当に申し訳ありませんでした」。うなだれるように頭を下げる姿に、周囲を威圧する「番長」の面影はなかった。

 自宅で現行犯逮捕された今年2月2日から10カ月。本紙とTBSの取材に応じた清原氏は「キャンプインの時期に野球界の話題をつぶしてしまった。もう迷惑は掛けたくなかった」。野球シーズンが終わるのを待って、取材を受けることを決めたという。

 警視庁本部(東京都千代田区)の留置場での独房生活は44日間。閉ざされた空間で、寝ているところも監視され、日本中の誰もが知る「清原和博」ではなく「114番」と番号で呼ばれた。

 「“114番、メシ!”と言われたらゴザの上に座って食べる。つらかったのは5日に1回のお風呂。独房の人間が一番最後に入るんですが、髪の毛はたくさん落ちてるし、湯船にも何かよく分からないものがいっぱい浮いている。そして“おい114番、栓を抜け”と指示される。この腕で野球をして、薬物を使い、汚いお風呂の栓を抜いている。自分の情けなさに涙が出ました」

 人生の転落を思い知らされた留置場生活。あの時の屈辱と後悔の念を忘れないよう、肌身離さず持ち歩いているものがある。留置場に入った時、売店で最初に購入した500円の青いハンカチだ。「これだけは24時間持っていることを許された。取り調べの時も、送検の時も、裁判の時も、判決の時も、今も手放したことはありません。一生持ち歩くつもりです」

 3月17日に保釈され、5月31日に懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けた。大阪で1カ月過ごした後、10月から薬物治療を開始。週1回のペースで尿検査と臨床心理士のカウンセリングを受けている。

 自身の捜査にあたった警察官とも連絡を取り合っている。「刑事さんからは“清原さんは(離れて暮らす)子供との面会日や、その後に薬物を使うことが多かった”と言われました。激しい孤独感や寂しさを感じた時に使いたくなるようなので、そういう気持ちを持たない訓練をしています。刑事さんには今もいろいろと相談に乗ってもらっています」

 いつ薬物に手を出してしまうか分からない不安はある。「自分だけでやめることなんか不可能。いろんな人に支えてもらうことが必要だし、厳しい留置場生活も一生忘れてはいけない。何より子供たちに自分の父親が逮捕された姿を二度と見せたくない。その気持ちがないと、薬物には立ち向かえない」

今年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏(49)は、現在は貯金を切り崩しながら、自宅に閉じこもって生活している。

 「カーテンを閉め切っていて、外を歩くのも怖い。まず薬物の治療と日常生活を取り戻すことから始めて、将来のことはその後に考えたい」。留置場で11キロ減った体重は、引きこもり生活で25キロリバウンドした。

出典:スポニチ

清原和博のプロフィール

出身地大阪府岸和田市
生年月日 1967年8月18日 現在49歳
身長188cm
血液型B型
関連サイト→ 公式サイト

 清原和博(きよはら かずひろ)は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手(内野手)、野球評論家、タレント。プロ野球選手時代は西武、巨人、オリックスに所属していた。

略歴

2014年3月、2型糖尿病のため入院し、毎日の血糖値測定と一日一回はインスリン注射が必要なことを明かした。また、同時に入院については違法薬物使用疑惑が週刊文春によって報じられた(2014年3月13日号)が、否定しており訴訟する意向を示し。しかし、その後の週刊文春によると訴状は届いておらず、アサヒ芸能の3480号のテリー伊藤との対談によると、周りに説得されて訴訟は止めたとのこと。また、巨人との関係は今も芳しくなく、OBの集まりには招待状さえ来なかったという事を明かした。


薬物疑惑が報じられた時期には、肩や足に刺青をしていたことも報道された。著書の一冊である「反骨心」では、実は巨人時代から刺青を入れようと思っていた(その時は、母親に反対されたためしなかった)と書かかれている。その後、刺青や薬物に関しては、2015年8月28日に放送された「ダウンタウンなう」内で真相(刺青は認めるものの、違法薬物に関しては「風邪薬は、やりましたけど」などと否定)を語った。

9月22日、離婚していたことをファックスで発表(離婚した明確な日は非公表)。2人の子の親権は元妻が持つ。2015年2月28日の日刊スポーツ関西版の「猛虎の80年」の中で日刊スポーツ評論家としての契約が終了した事が明らかになった。

2015年3月16日から四国霊場八十八カ所を巡る遍路に取り組む。「区切り打ち」と呼ばれる、行程を何度かに分けて歩く巡拝方法をとる。

同年4月3日、『中居正広の金曜日のスマたちへ』に1年ぶりのテレビ出演。「自分自身を否定するようになった」「ここまで悪く書かれるならいっそ死んでしまおうと思った」と当時を語り、「息子がいなかったら、この世にはいなかった」と語っていたことから、自殺まで考えていたことが明らかとなった。

2016年2月3日、マンションの自宅にて覚せい剤取締法違反(所持)で現行犯逮捕された。前述の通り疑惑が出てから一貫して否定していた中での逮捕であった。警視庁組織犯罪対策第5課は週刊文春による疑惑報道を受け、一年にわたる内偵捜査を続けた末、容疑が固まったとして踏み込み、その結果、現行犯逮捕につながったという。



阪神甲子園球場内の甲子園歴史館からは展示されていたバットなどが撤去されたほか、東京ドーム内の野球殿堂博物館も定期的に行っていたユニフォームなどの展示を当面行わないことを決めた。

2015年11月からブログを始めており、自分の近況や母親のことなどを書いていたが、逮捕後管理者により閉鎖された。

2016年5月17日に東京地方裁判所で初公判が行われた。清原は起訴内容を認め、検察側は懲役2年6か月を求刑したのに対し、清原の弁護人は情状酌量を求めた。

同年5月31日に懲役2年6か月(執行猶予4年)の有罪判決が下された。甲子園を沸かせプロ野球を代表する打者として活躍するなど、野球界で社会的貢献をしてきたことや、逮捕後に事件報道で社会的制裁を受けたことなどが執行猶予がついた理由とされている。吉戒純一裁判官からは法廷で「お父さんや親戚、全国の根強いファンが更生を望んでいることを忘れないで下さい。息子さんたちのためにも覚醒剤をやめ、人の役に立つ存在になることを期待しています」と説諭があった。その後検察側・弁護側ともに控訴期限の6月14日までに東京高等裁判所に控訴せず、清原の有罪判決が確定した。

有罪判決確定後の11月30日に野球殿堂博物館が翌2017年1月16日に発表される2017年の野球殿堂入りの候補者を発表。清原は2014年からプレーヤー部門で候補者入りしていたが、有罪判決が確定したことを受けて候補から除外された(殿堂対象者を選ぶ規定の中に「スポーツマンシップや誠実さを評価する項目」があり、それにふさわしくないと幹事会で判断したため)。候補者を選定する競技者表彰委員会の幹事会が18人の全会一致で決めたもので、覚せい剤取締法違反で有罪判決が確定したことによる候補者除外は1994年の江夏豊以来2人目。復帰の可能性は残されてはいるが「顕著な更生、および野球界、社会への貢献が必要になる。道は険しい」という。

12月24日、TBS系列が『新・情報7days ニュースキャスター』で逮捕後初となるインタビューを放送。清原は事前に医療機関で尿検査を受けて陰性の証明書の発行を受け、黒いスーツ、白いYシャツ、紺色のネクタイ、七三分けの髪、逮捕時よりも色白の顔でインタビューに応じ、最初に「世の中の皆様、そして少年野球からプロ野球、名球会、高校野球、野球ファンの皆様のことを大変失望させてしまい、罪を犯してしまい、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した後、「(覚醒剤を)やめられたという言い方はなかなか言いづらい。一日一日、『今日は使わなかった。じゃあ明日も頑張ろう』という積み重ねです」「本当に恐ろしい薬物。怪物で悪魔で、そのささやきと闘い続けるというのは一生続くと思っている」「息子に会いたい」などと語ったほか、留置場では「114番」と呼ばれていたこと、保釈後は自身に関する報道は殆ど見ていないことなどを明かした。インタビューの詳細は12月29日21時放送の特別番組『ニュースキャスター 超豪華!芸能ニュースランキング2016決定版』で放送される予定である

出典:wikipedia

Twitter上の声

ニュースへの意見

5
痩せたなー(´・ω・`)
11
痩せたなぁ
12
薬物が怖いのは反省や後悔があまり意味がないということ
13
痩せたし老け込んでるじゃない
14
本当に怖いのはこれからなのに

死ぬまで辞めたとは言えないのが薬物
146
桑田とのこと誰か聞けよ
147
こいつの更正なんかはなから期待してない
ちゃんとルートを深く報道しろ
148
独房が一番最後とか書いてあるけど俺のとき
山口組のナンバー4は独房なのにいつも一番風呂
だったぞ。なんか留置でも特別待遇だったわ。
152
>>148
えぇー面白いw
155
体だけは丈夫だよな
並外れた体していたから致死量の覚せい剤でもまあ2回ばかり死にかけたけど
生き返ったし糖尿なんかも基地外レベルの数値出しても生きているしな
157
テレビで堂々と嘘ついたことに対する釈明はないのかよ
158
スポーツ界全体に迷惑かけた事をわかってないね
170
止めれないよ
また繰り返すだろう
186
自分の弱さにちゃんと目を反らさずいるみたいだし
まあこれからまた薬に手を出すとも限らないが
アスカよりはまだマシな老後を送れそうだな
188
いつもの泣き落とし
基本的に女々しい人なんだよな
めそめそ悔しい悔しい一生忘れないとか昔から言ってる
息子さんのためにもがんばれ
190
男は日焼けがなくなると、オトナシクみえるねー
191
あまり快適にしてはいけないけど、風呂に関しては
暖房施設の整った二日に一回ぐらいはきれいにシャワー浴びる
ぐらいは提供すべきだと思う。人間としての最低の尊厳だわ。
196
>>191
二度と再犯させないためにもある程度の劣悪な環境も必要
209
宮古島にタニマチと籠もって豪遊してるって記事なかった??

引きこもり?
貯金を切り崩す?

なんか写真の佇まいも全部胡散臭い。
世間を欺こうと必死に急拵えしたようにしかみえない。
212
25キロリバウンドって相当だぞ
堕落しまくりじゃないかw
267
ムショでいい経験したな
二度とやらんと信じてるぞ