神戸市長田区五番町で発砲事件 拳銃で撃たれた男性は死亡 9/12

 12日午前10時5分ごろ、神戸市長田区五番町の路上で、「男性が倒れている」と110番があった。男性は頭を撃たれるなどしており、病院に搬送されたがまもなく死亡した。兵庫県警暴力団対策課によると、男性は指定暴力団神戸山口組から離脱して結成された新組織「任侠(にんきょう)山口組」の組員との情報もあるといい、県警は抗争事件の可能性があるとみて殺人容疑で犯人の行方を追っている。
 神戸山口組は指定暴力団山口組と対立抗争状態にあるほか、今年4月には離脱した勢力が「任侠団体山口組」(後に任侠山口組に改称)を結成。県警によると、同組の織田絆誠(よりのり)代表(50)の関係先から出てきた車に別の車が近づき、口論の末に発砲したとみられる。死亡したのは40代ぐらいの男性。発砲したのは40~50代の男という。
 現場は市営地下鉄長田駅の北東約500メートルの住宅街。

引用: 産経west

現場付近の地図・場所


Twitter上の情報