小室哲哉の才能を感じさせる楽曲ランキング

1990年代にglobe、TRF、安室奈美恵、華原朋美、hitomi、内田有紀など、数々のミュージシャンをプロデュースし、ヒット曲を多数生み出した小室哲哉。プロデュースされたミュージシャンたちは“小室ファミリー”と呼ばれるなど、一大ムーブメントを巻き起こしました。
では、名曲が多い小室作品の中でも、特に「天才」だと思われているのはどの作品なのでしょうか。そこで今回は、小室哲哉が天才だと思う作詞・作曲について探ってみました。

1位 恋しさとせつなさと心強さと
2位 CAN YOU CELEBRATE?
3位 I’m proud

1位は『恋しさとせつなさと心強さと』!

1994年に篠原涼子 with t.komuro 名義で発売されたこの曲。アニメ映画『ストリートファイターII MOVIE』の挿入歌に起用され、爆発的な人気となりました。
当時女性ソロ歌手として初めてCDシングル売上が200万枚を突破。この年の『第36回日本レコード大賞』にて優秀賞を受賞、『第27回日本有線大賞』で有線音楽優秀賞を受賞しています。
覚えやすいメロディーと印象に残るタイトルが人気の秘訣。カラオケで歌う女性も多数。誰もが知り、誰もが口ずさむことができる名曲となりました。この曲がきっかけで篠原涼子がブレイクしたと言っても過言ではありません。


2位は『CAN YOU CELEBRATE?』!

1997年に発売された安室奈美恵の代表曲のひとつであるこの曲も小室哲哉プロデュース。今でも結婚式で使用されるほど愛されている曲です。
おだやかなAメロ、華やかなサビ部分、一気に雰囲気が変わるCメロなど、一曲の中に色々なストーリーが盛り込まれていることに感動を覚える人が多数。
こちらもカラオケでよく歌われる名曲です。発売から20年経った今も多くの人から支持されています。

3位は『I’m proud』!

小室ファミリーで欠かせない存在といえば華原朋美。当時の小室作品の特徴が、高音が続くメロディーライン。そんな小室メロディーを思う存分堪能できるのがこの曲。
華原朋美の伸びやかな高音に魅了された人が多数。「歌えないけれどカラオケで挑戦した」という経験がある人も多いのではないでしょうか。


このように、各アーティストの代表曲として今も人気を集める曲が上位にランク・インしました。

4位
DEPARTURES
globe

5位
WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~
H Jungle With t

5位
Get Wild
TM NETWORK

7位
My Revolution
渡辺美里

8位
I BELIEVE
華原朋美

8位
寒い夜だから・・・
TRF

10位
EZ DO DANCE
TRF

みなさんは小室哲哉プロデュースの作品の中で、どの曲がお気に入りですか?

出典:gooランキング

403
安室のばでぃふぃーるいぐじっ
あの曲が時代に火をつけた
444
>>403
この曲も小室の天才っぷりが垣間見えたなあ
4/4の16分音符基調サビに8分音符の三連スネアを重ねる強引なポリリズム構成
ああいう実験的な攻めがシングル曲として赦される時代だった
21
TMの曲がすくないなこれはだめだな意味のない順位だわ
5
get wild 一択だろ
18
TMのhumansystemだっけか
小室曲なのに飽きがこない繊細な構成やの
69
Still love her(失われた風景)
642
>>69
良い曲だけど木根との共作
168
BE TOGETHERが出てないとは
607
一曲っつーか
一枚でキャロルだな
694
RHYTHM RED BEAT BLACKで思い出すのはオーザックのCM



近未来のクラブみたいな状況設定なんだけど、客のダンスがストイックすぎて草
場の雰囲気が「ダンスレッスン?それともオーディション会場?」としか思えない
417
金曜日のライオンの頃は
平凡だなと思ったな
ヒューマンシステムが好きだ
ウツの良さも出てる
みつ子の意志力の強い歌詞と
哲哉特有のナヨっぽさがキュンキュンする
537
>>417
あの時代に金曜日のライオン聞いて、
平凡と思うってけっこうすごいね。
好き嫌いはあるにしても、
なんだこの曲!ってかなりびっくりすると思うけどなー。
583
Beyond The Timeが歌詞も曲も構成も全てが最高
599
当時は小室の曲何て馬鹿にしてたけど、年取ってから聴いたら凄さに気付いた。
俺はTMのレジスタンスに一票だな。
297
feel like danceがいいな。
depertuesは歌詞の作り込みが雑だ。
字足らずがある。本人も言ってたけど、あのころは勢いで作ってたって感じがする。
343
雪みたいにあなたへの思いが降り積もったら家屋が倒壊するんだよ
Deperturesとかふざけんな
雪国住んでみろ
605
小室のは曲ももちろんだけど歌詞も神がかってたからなー
globeのプレシャスメモリーズ?だっけかな
10代で聴いた時はピンと来なかったけど
20後半に聴くと見事にリンクしてて衝撃だったわ
20
globeのプレシャスメモリーズ
大人になってから聴くと転調で泣きそうになるわ
683
>>20
激しく同意
83
TM 及び 小室曲が好きだった自分。
ラジオでEZ DO DANCEを聞いて、耳に残る曲だなー、と思ってて
後からTK Rave Factoryだと知った時は妙に納得したわ。
33
このスレジジイばっか
4
MY Revolutionだな
これは狂ったように聞いた
512
どう考えても渡辺美里のjump
あんな壮大な曲を書けるのは小室哲哉のみ
522
>>512
「JUMP」とシングルにもなった「卒業」を
わずか3日間でまとめて作曲・編曲・演奏・レコーディングしたっていうから
本当に当時の小室は天才だったと思うわ
704
明菜は愛撫で大復活って感じだったけど
後が続かなかったよなあ
小室的には傑作ってほどの曲でもないと思うけど
中森明菜によって3段階くらい作品のグレードが上がった
83
まあ、曲きいて、こいつの曲だってわkるというのは
才能がすごくあるというということではあるんだけどな
作りすぎたよね
89
ない
どの曲もただただ安っぽくて不快なだけ
102
楽曲そのものは大したことないな
短期間に売れる曲量産出来るのは凄い
109
どの曲も歌詞が酷過ぎるんだよな。特に『CAN YOU CELEBRATE?』での『知らなかっ
たよね』とか『悪くはないよね』とかは歌詞としては下品この上ない。
773
>>109
ほんそれ
小室だけじゃなく小室以降全般それ
歌詞は本職に任せるべき
897
>>109
小室は言葉に関する感性ゼロだったな。
言葉の持つ音程と楽曲の音程が全くあってなくてガタガタした音になってた。
あと、一つの単語をぶった切って言葉を殺すから聞いてて苦しくなってくる
674
曲はともかくボーカルの声質が総じて受け付けない
なんであんな電波みたいな声出すやつばかり集めたのか
33
バックコーラスに本人の声小さい音で入れるのがイヤ。
あれが曲の完成度めっちゃ落としてる。
31
小室は天才肌ではないだろう
大衆に媚びまくって消費され寿命を縮めた秀才ってイメージ
端的に言えば一時代しか保たなかった人
77
>>31
少なくともTMの時は未来を感じさせた
今は時代にしがみつこうと必死な感じ
21
小室は天才だが
他人に搾取されすぎ
107
>>21
ナイナイ岡村が確か言ってたと思うけど、
全盛期に付き人みたいなのからマネージメント関連か?っての含めて10人以上が周りに居たらしい

金の匂いに敏感な人間居るからねぇ
小室さんも人が好さそうだし…
29
なんであの時のように今作れないの?
ねえなんで?
52
>>29
業界をAKB、EXILE、ジャニーズに牛耳られてるから、新曲のチャンスさえ与えられないんだと思う。
56
小室のいわゆるワンパターンをギャグっぽくパクれた人はいるけど
本当に小室の作品の中に突っ込んで違和感ないレベルってのは無い
134
>>56
とんでもない洋楽知識と引き出しがないと出来んよ

小室テイストだけマネすると浅倉やフォロワーになる
241
小室の楽曲っぽいけど実は小室曲じゃないランキングはよ。
271
>>241
太陽のSEASONは入るだろうな
308
>>271
太陽のSEASONは日本語カバーする前の原曲が既に世間で流行ってたし
小室曲だと勘違いする奴は少ないんじゃね


379
HIMとか小室パクリユニットがあったな
結構好きだった
405
>>379
HIM好きだったなー
Shooting Starとか名曲だったわ
972
TO SHY SHY BOY!は?
973
>>972
好き
206
トーコは小室が曲作ってないBAD LUCK ON LOVEが1番良くて
歌詞だけ書いてるLOOPな気持ちが次に良い
作詞作曲のふわふわふるるが初期では1番ゴミ
110
内田有紀のOnly you
202
>>110
前スレでも出ずようやくここで出た
内田有紀補正もあるけど小室の中で一番可愛い曲だわ
216
>>110
なんかこれと天下取ったれみたいな曲が代表曲みたいにされてるけど、広瀬香美か誰かが提供してた曲の方がよかった
238
小室がアサヤンで海外のプロデューサーと楽曲作る?聴かせる?時あったけど、全く海外に及ばない絶望を感じた事があったな
DOSの曲でR&B風な楽曲だったけど
やはりどこまでいっても歌謡曲の域を出なかった
279
>>238
欧州のクラブ狙ったユーログルーヴは可能性はあった

R&Bは完全に無理ゲー
328
鈴木亜美は好きじゃなかったけど鈴木亜美のalone in my roomがいまだに好き
まじで良い曲だと思う

https://www.youtube.com/watch?v=kspOU6DKTSM

333
>>328
本人ヘタなのもあるけど
歌うの難しそうな曲多いよね
625
テレビ西日本のお天気BGM
649
>>625
わかるwあれめちゃ好き
癒されるw
782
>>625
FANTASTIC VISION?

いや関東人なんで一度も見たことないけど、
噂だけはかねがね聞いている


21
凄く伸びてるな
さすがに他のアーチストとはえらい違いだ
427
伸びてるな
ジジババ多すぎ
133
小室バカにする向きもあるけどリアルタイムで接してたジジババからすると何だかんだ言って名曲多いよな
85
ピーター・バラカンが新聞で
can you celebrate?は英語としてはおかしい、あえて言うなら、あなたはドンチャン騒ぎができますか?という意味だと言ってたのには笑った。
小室は潔いというか適当というか。
362
流れる景色を毎晩見ている
家に帰ったらひたすら眠るだけだから
ほんのひとときでも自分がどれだけやったか
窓にうつる素顔を誉めろ


ホントに小室が作詞してるのかなあ?
あんなセレブにこんな歌詞が書けるだろうか?
373
>>362
吉野家に行って生まれた歌詞
125
小室哲哉ばかりが天才天才と持て囃されるが

他に日本音楽界に天才っていないの? 
133
>>125

楽曲提供で言えばASKAや松任谷由実くらいか
139
>>125
強いて言えば亀田誠治と故佐久間正英かな。
あくまで個人的な見解です。
602
小室の時代だったのに
98年ぐらいから
急に潮目が変わったよな
611
>>602
本人も言ってるけど宇多田ヒカルが出てきたから
626
>>602
宇多田も原因の一端だろーけど
その頃からアップテンポの曲作らなくなった
今思えば単純にネタ切れだったのかも
651
>>626
DOSと元嫁のR&B路線に尽力するも大コケし、そこから今に至る感じ
764
30分位でポンっと一曲出来たりするんだっけ
これが天才じゃ無ければ
音楽業界に天才とかいないだろ
786
>>764
ミスタチルのボーカルの人もそんなようなこと言ってたよ
サラリーマンみたいにスーツ着て歌ってたやつが30分くらいでさらさらっと書いた曲だって
868
>>786
コード進行やメロが浮かぶってのは結構有りそう
小室の場合全部一人で仕上げるからねぇ
359
小室は作曲家よりもマーケッター寄り。商業音楽の土俵で残らず消費される音楽を
割り切って作ってた。だから作曲家として過小評価されるのは仕方ない。カラオケ
で歌われるために曲作るなんて発想は誰も持ちえないよ。
415
>>359
イギリスにストック・エイトキン・ウォーターマンの音楽工場見学に行って衝撃を受けて自分も音楽の大量生産を始めたって言ってるくらいだから
アーティストじゃなくて商売人だね
433
>>359
残らず消費される音楽と言ってもそのわりには何曲も残ってるのがすごい
上げられたベストテンは全てサビをすぐ思い出せるのはすごい
582
みんなてんでバラバラな曲挙げてて全く噛み合ってないないのが小室の曲の多様性
を良く表してる。あと上記にもあるけど、歌わせる相手の長所短所を良くわかってて
曲提供してるところもすごいし、市場が何を欲してるかもよくわかってた。
11
小室の人生って没後に
「知ってるつもり?」や「驚き桃の木20世紀」みたいな
人物ヒストリー番組で扱われるレベルの波瀾万丈さだな
417
>>11

浮かんだり、沈んだり、
長者番付1位だったり、逮捕されたりしたけど、頑張ってもらいたい。

小室哲哉のプロフィール

出身地東京都府中市
生年月日1958年11月27日 現在58歳
身長167cm
関連サイト→ 公式サイト
Twitter→ Twitterアカウント
facebook→ facebookアカウント
Instagram→ インスタグラム アカウント

 小室哲哉(こむろ てつや )は、日本のミュージシャンで、音楽プロデューサー。東京多摩振興 特命 武蔵国 府中大使。元尚美学園大学芸術情報学部教授。妻はglobeのボーカルのkeiko。

 3歳から東京芸術大学教授の下でヴァイオリンのレッスンを始めて、音感のベースを学ぶ。小学生の頃から既にクラシックのインストゥルメンタルの楽曲を作っていた[

 家にあったギター・ヴァイオリン・エレクトーンを家族に無断で売り、当時16万円以上したというシンセサイザー「ローランドSH1000」を購入した。渡辺美里の「きみに会えて」「BELIEVE」「嵐ヶ丘」「I wish」・TM NETWORKの「Here, There & Everywhere (冬の神話)」等後に提供する楽曲の雛型約20曲をその頃に作曲したという。

 早稲田大学社会科学部に進学し5年ほど在籍、在学中にプロ・ミュージシャンとしての活動を開始する(哀婉・あのねのね、白竜、原田真二等のバックバンド(キーボードを担当)、SPEEDWAYへの参加等)。その後、音楽活動に没頭し、授業料を楽器代に使い廻していた為に単位が取れず除籍となる。

 自身の音楽ユニットであるTM NETWORKと並行して、三浦徳子の勧めで渡辺美里をはじめ、岡田有希子、荻野目洋子などに楽曲を提供。

 1986年に渡辺美里へ提供した「My Revolution」が、第28回日本レコード大賞金賞。

 TM NETWORKは、1987年に発表した「Get Wild」で一躍人気バンドとなり、1988年には第39回NHK紅白歌合戦に出場。


 1994年のTMN終了前後から、観月ありさ、篠原涼子、trf、hitomi、内田有紀、H Jungle with t、dos、globe、華原朋美、安室奈美恵など、多数の作詞、作曲、編曲と音楽プロデュースを兼任して行った。1994年から1999年の間に数々のミリオンセラーやヒット曲を打ち立て、各メディアにおいて「小室ファミリー」、「小室サウンド」、「小室系」といった名称でカテゴライズされる少年時代からの夢だった小室ブームという社会現象を起こした。

 1999年には“非 小室系”のJ-POPアーティスト(宇多田ヒカル・倉木麻衣・浜崎あゆみ・モーニング娘。・MISIA・GLAY・Dragon Ash・DA PUMP・SPEED・椎名林檎・L’Arc〜en〜Cielなど)のCDがヒットチャートの中心となり、小室プロデュースのCD売り上げに急ブレーキがかかり、栄華を極めた小室時代が終焉。

出典:wikipedia