東京都町田市の女性がはしかに感染

沖縄県で流行しているはしかに、東京・町田市の30代の女性が感染したと見られることがわかり、厚生労働省などは一連の流行が東京にも拡大したと見て、注意を呼びかけています。

厚生労働省などによりますと、東京・町田市に住む30代の女性が発熱や発疹などの症状が出て医療機関を受診し、検査の結果、はしかに感染していることが9日、わかりました。

女性は先月23日に町田市内の医療機関を訪れていて、この医療機関には、同じ日に沖縄からの旅行者が体調不良で受診して、その後、はしかに感染していたことがわかったことから、女性は沖縄で流行している一連のはしかに感染したと見られるということです。

ことし3月から沖縄で流行がはじまり、愛知県にも広がったはしかは、さらに東京に拡大したことになり、一連の流行での患者数は112人になりました。

はしかは発熱や全身に発疹が出るウイルス性の感染症で、空気感染するため感染力が強く、乳幼児は重症になる場合があるほか、妊婦が感染すると流産や早産のおそれもあるとされています。

有効な予防法はワクチンの接種だけとされていて、厚生労働省などでは、母子健康手帳などにワクチンを2回接種した記録がなく、感染した経験もなければ、ワクチンの接種を検討するとともに、はしかを念頭に体調の変化にも注意してほしいと呼びかけています。

出典:NHK

 全国的に「はしか」の感染が拡大しています。東京・町田市でも30代の女性がはしかを発症したことが分かりました。女性は発症の前日に市内を走るバスを利用していたということです。

 町田市保健所によりますと、はしかを発症したのは市内に住む30代の女性です。女性は4月23日、町田市内の病院ではしかの患者と接触し、5月6日に発症しました。はしかは発症の1日前から他の人に感染させる力が強くなります。この女性は感染力が強まる日の5月5日に、町田駅から成瀬方面のバスを往復で利用していて、合わせて20分程度乗車していたとしています。

 普段、バスを利用する人からは「バスに毎朝、乗っている。気付かないで乗ると不安」「はしかだと表面に出ていないと分からない。発疹が出るでしょ。気を付けなくては」など、不安の声が聞かれました。

 はしかはウイルス感染で人から人にうつり、非常に感染力が強いとして、専門家は注意を呼び掛けています。国立感染症研究所の多屋馨子室長は「周りの人が免疫を持っていないと仮定すると、はしかの患者が1人いれば、12人から18人にうつしてしまうぐらいの感染力が強い病気。同じ空間を共有していると20分程度で感染し、免疫がなければほぼ100%発症してしまう」と話します。

 はしかに感染すると10日ほどの潜伏期間の後、39℃以上の高熱や体に赤い発疹が出るといった症状が現れます。はしかを発症した女性は過去に予防接種を1回受けていましたが、発症しました。

 予防接種によりはしかの免疫ができる確率は1回だとおよそ95%ですが、2回接種すると限りなく100%に近づくため、国は2回の接種を推奨しています。国立感染症研究所の多屋室長は「予防接種を2回受けているか、記録を母子健康手帳などで確認してほしい」とした上で、「感染を防ぐのは予防接種を受ける以外に手立てがない。マスクや手洗いでは予防ができないのがはしか」と注意を呼び掛けています。自分が予防接種を受けているか分からない場合、免疫があるのか病院の血液検査で調べることもできます。

 2018年になってから東京都内ではしかを発症した人は、板橋区で5人、新宿区で1人など、3月から10人確認されています。そのうちの2人は予防接種を受けておらず、7人は受けていたかどうか分かっていません。

 はしかは風邪に似た発熱やせき、鼻水といった症状が現れます。保健所は、症状からはしかが疑われる場合は、事前に医療機関に連絡の上、速やかに受診するよう呼び掛けています。また、周りの人に感染させないために公共交通機関の利用を避けるよう求めています。

出典:TOKYO MX

Twitter上の情報、声