名鉄空港線でパンタグラフの破損による架線損傷により運転見合わせ・終日運休 3/9

9日午前6時35分ごろ、愛知県常滑市の名古屋鉄道空港線で、中部国際空港を出発した回送列車(4両)が停電により緊急停止した。名鉄によると、点検の結果、架線と車両のパンタグラフに損傷が見つかった。

この影響で、常滑駅―中部国際空港間は上下線とも終日運転を見合わせる。同区間でバスによる代替輸送をしているという。

出典:朝日新聞

Twitter上の情報