東尾張病院から放火犯の男が逃走 

速報・名古屋市緑区で逃げた男の身柄を確保

 名古屋・守山署によると、22日午後9時15分ごろ、名古屋市守山区大森北2の国立病院機構東尾張病院で、鑑定留置されていた容疑者の男(57)が逃走した。この容疑者はことし2月15日、同市緑区の元妻の家の勝手口に火を放ったとして、現住建造物等放火の疑いで緑署に逮捕された。刑事責任能力の有無を調べるため、同病院で鑑定留置されていた。

 守山署によると、逃げた容疑者は名古屋市西区の会社員。病室での異常を知らせるアラームが鳴ったため、当直医が各病室を確認すると、容疑者が入院していた2階の個室の病室の窓が開いており、容疑者の姿は見えなかった。

 容疑者は身長約170センチでやせ形。髪は黒色で短い。 東尾張病院は県森林公園の西にあり、周辺には住宅が並んでいる。

出典:中日新聞

22日夜、名古屋市内の病院で精神鑑定のため「鑑定留置」されていた57歳の容疑者の男が病室の窓から逃げ出し、現在も行方がわからなくなっています。

22日午後9時ごろ、名古屋市守山区の国立病院機構東尾張病院に、刑事責任を問えるか調べるため鑑定留置されていた名古屋市西区の会社員、小倉泰裕容疑者(57)が2階の病室からいなくなっていることがわかりました。

警察などによりますと、病室のドアには外から鍵がかけられていましたが、異常を知らせるアラームが鳴り、当直の医師が病室を確認したところ、ベランダに面した窓が開いていて小倉容疑者の姿がなかったということです。 病室は1人部屋で、窓は10センチほどしか開かないようになっていましたが、力ずくで開けたとみられます。

小倉容疑者はことし2月に名古屋市緑区の住宅に火をつけたとして、放火の疑いで逮捕され、その後、3月上旬から3か月間の予定で鑑定留置されて専門家による精神鑑定を受けていました。

小倉容疑者は身長1メートル67センチのやせ形だということです。東尾張病院は名鉄瀬戸線の印場駅から(いんば)北へおよそ2キロの住宅地にあり、警察は緊急配備を敷いて小倉容疑者の行方を捜査しています。

出典:NHK

国立病院機構 東尾張病院の地図・場所

犬山市で目撃情報

Twitter上の情報