なか卯×水樹奈々のポスターの違和感がスゴイと話題に

Twitter上の声

水樹奈々のプロフィール

出身地近藤奈々
出身地愛媛県新居浜市
生年月日1980年1月21日 現在37歳
身長153cm
血液型O型
関連サイト→ 公式サイト
ブログ→ ブログへ
Twitter→ Twitterアカウント

 水樹奈々(みずき なな)は、日本の女性声優、歌手、ラジオパーソナリティ、ナレーター、作詞家。

 シグマ・セブンとキングレコード(キング アミューズメント クリエイティブ本部)に所属。公式ファンクラブは「S.C. NANA NET」。堀越高等学校、代々木アニメーション学院声優タレント科卒業。

 代表作に『NARUTO -ナルト-』(日向ヒナタ)、『水樹奈々 スマイル・ギャング』、『MUSIC JAPAN』(ナレーション)、『ハートキャッチプリキュア!』(花咲つぼみ / キュアブロッサム)など[3]が、代表曲に「深愛」、「ETERNAL BLAZE」、「Synchrogazer」などがある。

略歴

 元歌手志望だった歯科技工士の父親(1933年4月11日生まれ)に、5歳から中学を卒業するまで、父の仕事場と両親が経営する自宅のカラオケ教室で演歌歌手の夢を託され毎日休まず猛特訓を受ける[5][6]。他にも、音感を養うためにピアノやエレクトーンを[7]、歌手になった時にサインを求められても困らないように書道を学び[7]、地元では「のど自慢大会荒らし」と呼ばれていた。一方で優勝とは縁がなかった。父の躾が厳しく、門限に5分遅れたと言っては物置に閉じ込められたり、友達の家を行き来することもいい顔をされなかった。

 中学2年の時、東京の芸能プロダクションから声が掛かり、所属のために出された条件が「せとうちのど自慢10周年記念全国大会」[注 4]に優勝しグランドチャンピオンになることだったが、翌年それを果たす。上京後は事務所のボイストレーナーの内弟子として生活する傍ら、堀越高等学校芸能活動コース(現・総合TRAITコース)に入学[注 5]。同校では堂本剛やともさかりえ、山口紗弥加、佐藤仁美と同級生だった。高校2年生からは代々木アニメーション学院声優タレント科にも並行して通い、学業と両立させた。

 当初は歌手を目指して活動していたが、高校2年生からは代々木アニメーション学院で声優の勉強もする。結果として声優としてのデビューのほうが早かった。 デビュー作は1998年に発売されたゲーム『NOëL 〜La neige〜』の門倉千紗都役。

 2009年からNHKの音楽番組を中心に、一般の音楽テレビ番組によく出演するようになった。また、2009年には声優初となるNHK紅白歌合戦(『第60回NHK紅白歌合戦』)出場を果たした。

出典:wikipedia