京急本線・生麦駅構内での架線断線により運転見合わせ→運転再開 爆発音の情報も 5/12

 12日午後6時半ごろ、横浜市鶴見区の京急線生麦駅の構内で架線が切れ、一部区間で運転を見合わせました。約8万5000人に影響が出ました。
 乗客の女性:「普通に走っていて、急ブレーキで車内灯が消えていきなり止まった」  
 京急線は午後6時半ごろ、鶴見区の生麦駅の構内で架線が切れたため、京急川崎駅と上大岡駅の間で上下線が運転を見合わせました。生麦駅と京急新子安駅の間には特急電車が止まり、乗客を線路に降ろして避難誘導しました。
 京急電鉄によりますと、今回、切れた辺りの架線の定期点検は先月23日に行われていて、警察などが原因について詳しく調べています。

出典: テレビ朝日

Twitter上の情報