七尾線・羽咋~千路駅間での人身事故で運転見合わせ→運転再開 5/16

 16日午前10時35分ごろ、石川県羽咋市柳田町のJR七尾線千路-羽咋駅間の踏切で、和倉温泉発大阪行きの特急サンダーバード20号に、60代の男性がはねられ死亡した。乗客約160人にけがはなかった。
 JR西日本によると、運転士が踏切内に立ち入った男性を見つけてブレーキをかけたが、間に合わなかった。七尾線は一部区間で上下線3本が運休するなどし、約500人に影響が出た。
 羽咋署は男性が踏切に立ち入った経緯や身元を調べている。

出典:産経WEST

Twitter上の情報