西松屋 豊橋吉田方店で強盗事件 警察が規制線を張り捜査  豊橋市三ツ相町 5/15

15日昼前、愛知県豊橋市の駐車場で、車に突然、男が乗り込んで運転席の女性にナイフを突きつけて脅し、1キロほど離れたコンビニエンスストアで現金をおろさせるなどして合わせて26万円を奪って逃げました。女性と1歳の長男にけがはなく、警察は強盗事件として捜査しています。

15日午前11時半すぎ、豊橋市三ツ相町の子ども服店の駐車場で、買い物を終えた31歳の女性が車に乗ったところ、突然男が乗り込みナイフを突きつけて片言の日本語で「車を出せ。コンビニで金を下ろせるか」などと脅しました。

女性が1キロほど離れたコンビニエンスストアまで運転して店内のATMで現金をおろすと、男はさらに1キロ余りの先の路上まで運転させ、女性の財布にあった現金を含め合わせて26万円を奪って逃げました。

車には女性と1歳の長男が乗っていましたが、いずれもけがはありませんでした。

警察によりますと、男は外国人とみられ、年齢は30代から40代、身長は1メートル70センチほどで、長袖の赤いパーカーに灰色のスウェットのズボンを着ていたということです。

警察は強盗事件として逃げた男の行方を捜しています。

出典: NHK

Twitter上の情報