新座市大和田で火災が発生 送電設備が焼損し停電も

 18日未明、埼玉県新座市の住宅密集地で火事があり、2棟が全焼し焼け跡から1人が遺体で見つかりました。
 警察は、死亡したのは火が出た家に住む高齢の男性とみて確認を進めるとともに、消防と合同で現場の検証を行い、出火原因を調べています。
 18日午前1時前、新座市大和田の住宅から火が出て隣接する住宅などあわせて2棟が全焼したほか、周辺の5棟の住宅の一部が焼けました。
 この火事で火が出た住宅の焼け跡から1人が遺体で見つかり、警察はこの家に住む82歳の男性とみて確認を進めています。
 この火事では隣の家に住む50歳の男性が病院に搬送されましたが、けがの程度は軽いということです。
 警察は午前9時半から消防とともに現場の検証を行い火が出た原因を調べています。
 現場はJR新座駅から北に2キロほど離れた住宅が密集する地域で東京電力によりますと、この火事で電柱の設備が焼けたため、最大で周辺のおよそ600戸が停電し、今もおよそ100戸で停電が続いています。

出典: NHK

Twitter上の声