荒砥川沿いの道路が崩落 前橋市堀越町 6/22

群馬県では、大雨の影響で土砂災害のおそれがあるとして、前橋市内の一部の地域に避難勧告が出されているほか、川沿いの道路が崩れるなどの被害が出ています。

前橋市は、大雨で土砂災害のおそれがあるとして、午前2時20分に市内の富士見地域と宮城地域の合わせて1598世帯、3966人に警戒レベル4に当たる避難勧告を出し、全員、速やかに避難するよう呼びかけています。

前橋市のまとめによりますと、市内では道路の冠水が2件、道路への倒木や河川の氾濫などが12件確認されているほか、土砂が流れ込んだため国道と県道の一部が通行止めになるなどの被害が出ています。

このうち前橋市堀越町では、荒砥川の堤防ののり面やそのうえを通る道路が、高さおよそ3メートル、幅およそ20メートルにわたって崩れ、ガードレールが宙に浮いた状態になりました。

県などは引き続き被害に関する情報を収集し、道路などの復旧作業を進めるとともに、住民に警戒を呼びかけています。

出典: NHK

崩落現場付近の地図・場所

Twitter上の情報

河原浜町で法面崩壊