山陽新幹線・先頭車両のボンネットに亀裂が入り遅延 6/14

JR西日本によりますと14日午後2時11分ごろ、山陽新幹線の小倉駅を通過した際に先頭車両のボンネットに亀裂が入っているとの情報があり、新下関駅で車両の点検を行っているということです。

この影響で山陽新幹線の上り線は一時、博多駅と広島駅の間で運転見合わせましたが、運転を再開しています。

出典: NHK

Twitter上の情報

再度運転見合わせに

JR西日本は山陽新幹線のぞみのトラブルについて、トンネル内に立ち入った人と接触したためだと明らかにした。現場検証のため、上下線で運転を見合わせるとしている。

出典: 共同通信