西濃鉄道 貨物列車と乗用車が接触する事故が発生 大垣市 5/26

 岐阜県大垣市の西濃鉄道の踏切で26日夕方、貨物列車と軽乗用車が衝突し、軽乗用車を運転していた男性が一時、車に閉じ込められました。

 大垣市赤坂町の西濃鉄道の栄町踏切で、午後6時ごろ軽乗用車が乙女坂発・美濃赤坂行きの24両編成の貨物列車と衝突しました。

 この事故で車は、列車と線路脇の電柱の間に挟まれ、車を運転していた38歳の男性が車に閉じ込めれ、およそ3時間後に救出されました。男性は両足を打撲するなど軽いケガをしました。

 一方、貨物列車の運転士と乗務員合わせて3人にケガはありませんでした。

 警察によりますと、当時貨物列車は時速10キロほどで走行していて踏切に遮断機がないことから、警察は軽乗用車が踏切内に侵入したとみて事故の原因を詳しく調べています。

出典:東海テレビ

Twitter上の情報