仙台市営地下鉄南北線・送電トラブルによる停電で運転見合わせ 八乙女駅~黒松駅間の架線から出火との情報も 4/18

仙台市の地下鉄南北線は停電のため午後5時16分から全線で運転を見合わせています。復旧にはまだかなり時間がかかる見通しで交通局が原因を調べています。

仙台市交通局によりますと、午後5時16分ごろ、地下鉄南北線で列車を動かすための送電が停止しました。この影響で南北線は富沢駅と泉中央駅の間の全線で運転を見合わせているということです。

また南北線の愛宕橋駅と富沢駅の間の6つの駅では一時、照明が消えて非常灯が点灯したということです。さらに長町南駅と富沢駅の間で列車が一時停止し、乗客を避難させる対応をとったということです。 仙台市交通局によりますと、長町南駅近くにある変電所でトラブルが起きたほか、八乙女駅と黒松駅の間でケーブル火災が起きたということです。

交通局によりますと、復旧にはまだかなり時間がかかる見通しだということで、交通局が復旧を急ぐとともに原因を詳しく調べています。泉中央駅の構内にあるコンビニエンスストアの店員によりますと、南北線の運転見合わせの影響で駅前にはバスを待つ人の長い列ができているということです。

出典: NHK

Twitter上の情報