新燃岳で爆発的な噴火 現地の様子・ライブカメラ

鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳では、7日も噴火が続き、噴煙の高さは、一時、3000メートルに達しました。大きな噴石を火口の外まで飛ばす爆発的な噴火も相次いでいて、気象庁は、噴火警戒レベル3を継続し、火口からおおむね3キロの範囲では、大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、霧島連山の新燃岳では、今月1日から噴火が続いていて、6日午後には7年前の平成23年3月以来となる爆発的な噴火が発生しました。 爆発的な噴火は、7日午前11時までに11回発生し、このうち午前0時の爆発的な噴火では、大きな噴石が火口から900メートルまで飛びました。

さらに午前6時すぎには、噴煙がこれまでで最も高い3000メートルに達したのが確認されました。また、6日、気象庁が上空から行った観測などでは、火口内の東側に新たな溶岩があるのを確認したほか、5日まで火口内の東側付近から上がっていた噴煙が、火口の中心などからも上がっているのを確認したということです。

気象庁は、新燃岳では噴火活動が活発化しているとして、「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続したうえで、火口からおおむね3キロの範囲で噴火に伴う大きな噴石に、火口からおおむね2キロの範囲では火砕流に、それぞれ警戒するよう呼びかけています。

風下側を中心に、火山灰や小さな噴石、それに火山ガスに注意するとともに、爆発的な噴火に伴う空振で窓ガラスが割れるおそれもあるとして、注意を呼びかけています。

また、火山灰が降り積もっている山腹などでは、大雨によって土石流が起きるおそれがあり、今後の火山灰や気象の情報などにも注意するよう呼びかけています。

出典:NHK

KTS鹿児島テレビ

UMKテレビ宮崎

MRT宮崎放送

画像提供元

Twitter上の画像や動画 3/6

3/7