白老町で車が線路に進入し踏切で立ち往生 「交差点と勘違いした」

10日夜、北海道白老町で乗用車が線路内を走り、踏切で立往生しました。  
駅のホームの間を走り抜ける乗用車。10日午後10時ごろ、北海道白老町で乗用車が踏切から線路内に進入しました。乗用車はそのまま駅のホームの間を走り、1.2キロほど先の踏切で立往生しました。運転していたのは83歳の男性で、警察に対し「踏切を交差点と勘違いした」と話しているということです。  
この影響で後続の列車が非常停止し、特急などに遅れが出ました。

出典: TBS

Twitter上の情報