桐生市の昭和橋で事故が発生し通行止め  ひき逃げ事件を起こした60代の男を逮捕 3/19

19日午前、群馬県桐生市の渡良瀬川にかかる橋で、交通整理をしていた交通誘導員が軽乗用車にはねられて橋の下に転落し、死亡しました。警察は、そのまま走り去った軽乗用車の62歳の運転手をひき逃げなどの疑いで逮捕し、詳しい状況を調べています。

19日午前11時前、群馬県桐生市の渡良瀬川にかかる「昭和橋」で、男性が車にはねられて橋の下に転落したと、消防に通報がありました。

警察と消防が調べたところ、現場で交通整理をしていた太田市に住む交通誘導員の新井孝さん(72)が、橋からおよそ8メートル下の川の中州で倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、全身を強く打っていてまもなく死亡しました。

新井さんをはねた車はそのまま走り去りましたが、ナンバーなどの目撃情報から、桐生市内の梶山由紀夫容疑者(62)をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

調べに対し、「事故を起こし怖くなって逃げた」と容疑を認めているということで、警察が詳しい状況を調べています。

出典:NHK

Twitter上の情報