港区虎ノ門2丁目付近での事故で通行止め、渋滞 2/4

2月4日の朝、東京都港区で交通事故が発生し渋滞しています。

事故発生現場は虎ノ門2丁目のトンネル付近。警察により封鎖されているため、周辺で渋滞が発生しています。

10:40現在、 日本道路交通情報センターによりますと環二通り、外濠環状線の内回りが通行止めになっています。

巻き込み事故とのツイートがありますが、今のところ詳細は不明です。

4日朝、東京・港区で交差点を渡っていた小学生の男の子がワゴン車にはねられ死亡しました。 警視庁はドライバーをその場で逮捕し、詳しい状況を調べています。

警視庁によりますと、4日午前8時前、港区虎ノ門で交差点を渡っていた小学生の男の子が左折してきたワゴン車にはねられました。 男の子は意識不明の重体で病院で手当てを受けましたが、まもなく死亡しました。

警視庁は、ワゴン車を運転していた男を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。 現場は東京メトロ虎ノ門駅から南に300メートルほど離れた信号機や横断歩道のある桜田通りの交差点です。 警視庁は、男の子の身元の確認を進めるとともに、事故の詳しい状況を調べています。

出典: NHK

4日午前7時55分ごろ、東京都港区虎ノ門1の交差点で、横断歩道を渡っていた近くに住む小学生、大久保海璃(かいり)さん(8)が左折してきたワゴン車にはねられた。大久保さんは搬送先で死亡が確認された。警視庁愛宕署は、車を運転していた住所不詳のアルバイト、金井彰規容疑者(52)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で現行犯逮捕した。

同署によると、大久保さんはランドセル姿で、通学中だったとみられる。信号はともに青で、ワゴン車が巻き込んだとみられる。

出典:毎日新聞

渋滞状況

Twitter上の情報

ニュースフラッシュ