豊橋市中世古町で不発弾が発見され周辺道路を規制 12/23

 23日午前9時10分ごろ、愛知県豊橋市中世古町の家屋解体現場で、作業員が不発弾のようなものを見つけ、豊橋署に通報した。陸上自衛隊が回収する予定。

 豊橋署によると、大きさは長さ約33センチ、直径約13センチ、重さ約19・5キロで先端の3分の1が地中に埋まっていた。周囲は住宅地で、半径100メートル以内の住民を一時避難させ、爆発しても被害が広がらないよう処置した。

出典:産経WEST

Twitter上の情報