YOSHIKIがノンストップに出演し自殺した父親への思いを語る 2/9

 ロックバンド「X Japan」のYOSHIKIが9日、フジテレビ系情報番組「ノンストップ」(月~金曜・前9時50分)にVTR出演し、10歳の時に自殺した父について語った。

 4歳でピアノを始めたYOSHIKIは、父が定期的に買ってくれるクラシックレコードで音楽への興味を広げた。

 しかし10歳の夏、器楽クラブから戻ると父は冷たくなっていたという。「生きていないんだな…としか。自殺なので…。母親も何も口にしなかった。しゃべらないですよね。僕はひたすら泣きわめいているだけ」と当時を振り返った。

 その後、自身も自暴自棄になってしまう時期に支えとなったのが、父が教えてくれた音楽だった。「ロックとの出会いがどうしていいかわからないネガティブなエネルギーを(発散させてくれた)…。母親がドラムセットを買ってくれたので、ドラムをひたすら叩く。詞も書き始めて、その瞬間は苦しいことも忘れられる」と話した。

 そして生まれた「X Japan」を代表する曲「Tears」は、いまだ自殺の原因が分からない父への思いを込めた曲だったという。「どんなに悩んでも、苦しんでも、過去は変えられない。ただ過去が輝く物になるかならないかは、これからの未来をどう生きるかにかかっている」とYOSHIKI。「命を絶ってしまってはいけない。命というのは自分だけのものじゃない。周りの友達や家族。たまたま僕は遺されることになっちゃったわけですけれど、心の傷というのは一生消えない。ただ、傷と一緒に生きていくしかない」と話していた。

出典:スポーツ報知

動画

Twitter上の声