新潟県湯沢町の住宅に男児が訪れた後、行方不明に

18日夜、湯沢町の住宅に小学校の低学年と見られる男の子が訪れたあと、そのまま立ち去って行方がわかっておらず、警察は情報提供を求めています。

警察によりますと18日午後7時ごろ、湯沢町のJR越後湯沢駅近くの住宅に、小学生ぐらいの男の子が訪れ「今晩泊めて下さい。何でもお手伝いします」と話したということです。 男の子は断られると「僕のことわからないの」などと言ったあと自転車に乗ってそのまま立ち去り、行方がわかっていないということです。

警察によりますと男の子は身長が1メートル20センチくらいで小学校の低学年と見られ、白色のTシャツを着て、色はわかっていませんが半ズボンをはいていたということです。 警察は住民からの通報を受けて男の子を捜していますが、捜索願は出されていないほか、周辺の小学校で該当する子どもの情報もないということです。

警察は、男の子についての情報提供を求めています。連絡先は南魚沼警察署で、025−770−0110です。

出典:NHK

Twitter上の声

無事が確認される

18日夜、湯沢町で行方がわからなくなったとして、警察が情報提供を求めていた 小学生の男の子は無事が確認されました。

警察によりますと18日午後7時ごろ、湯沢町の住宅に、小学生ぐらいの男の子が訪れしばらく話をしたあとそのまま立ち去り、行方がわからなくなっていました。 住民からの通報を受けて捜した結果、男の子は湯沢町に住む小学生で、無事が確認されました。 けがなどはないということです。

出典: NHK